晴れ舞台を彩る衣装

ノートパソコン 1

ピアノの発表会の時はドレスを着る事にしています。 発表会ドレスは、結婚式ドレスとはすこし違うと思います。発表会ドレスは、演奏の妨げにならないように、スカートの部分は必要以上に広がり過ぎず、腕が自由に動く事です。 金額は、その昔インターネットなどが無かった頃は10万以上は当たり前だったと聞いています。なので、特に体系に問題が無ければレンタルしていたそうです。レンタルならば、1万円から有ったそうですが、気に入るものとなると、買ったほうがいいような値段の場合もあったそうです。でも、結婚式ドレスの方が数が多く、なかなか発表会ドレスに向くようなものが無かったそうです。 今はネットで買うとステキナ発表会ドレスがな1万円以内からあります。

その昔、昭和の時代はドレスと言えば、フランス人形のようなしっかりパニエで膨らませてあるようなドレスが定番だったようです。 でも、今はオーガンジーの布などで、周りを包んであり、ふんわりとしたイメージは残しつつも演奏の妨げにはならないようなデザインのドレスも多くあります。生地も化繊の物で、お安くうまく出来ていると思います。 結婚式ドレスもそうですが、発表会ドレスも、特にお子様の場合は1回着て終りになってしまう事が多いんじゃないでしょうか。大人でも、普段着のようには回数多くは着れませんし、機会も有りません。 でも、今まで練習して頑張ったご褒美だと思って、そして発表会当日の成功を願って、私は毎年用意しています。1着1着、1曲1曲が思い出です。