より目立つ自分になる

ネックレスとコサージュ

キャバクラで働く女性達が身に纏うきらびやかなドレス、それがキャバドレスである。 蝶のように鮮やかな色、 ひらひらとしたフリルやラメ、スパンコールのついたものが今までの主流で、胸元は大きく、その大半はロングドレスだった。 価格も決して安くなく、お金が無いキャバ嬢などはお店に置いてあるものを借りたりしてその場をしのいでいたと言う。 そしてその世界にも時代の流れと共に変化が見える。 今やインターネットでキャバドレスと検索すれば、 様々な通信販売サイトが表れ、その価格も高額なものではなくなっており、大半が普通服のような値段である。だからと言ってそのクオリティが落ちている訳ではなく、キャバドレスの時代にも、他の量販店のように安かろう良かろう時代がやってきたのだ。

昔のキャバドレスと言えば、キャバクラの仕事以外にはどうにも使えないものが多かった。 だが今の通販サイトでは、結婚式、パーティー用等のコーナーがあり、キャバドレスの流行り丈がミニ丈主流になっていることから、そのようなものにも使えるタイプも多く掲載されている。 そしてまたドレスに付随する靴や鞄やピアス、香水まで販売されている事から、キャバ嬢のみならず、一般の仕事をしている人でも多く活用出来そうだ。 キャバ嬢のものであったキャバドレスを可愛く普通に着こなす一般購入者と、仕事としてのキャバドレスを購入するキャバ嬢。そのどちらもが楽しく、自分に合うものを買える通販サイトは、今後も目覚ましい発展を遂げるに違いないのだ。